Ⅸ.政治・社会・文明・その他(29冊)

 

番号 調査報告書名 委員長名 所属 主査名 所属 発行年月
06-3 マニフェストによる政治ガバナンスの確立-大文字のマニフェストを書け-
報告書
野村吉三郎 全日本空輸最高顧問 曽根泰教 慶應義塾大学大学院教授 2006年6月
04-4 問われる日本の“図書館力”-図書館は知性主導型社会のエディターたりうるか-
報告書
粕谷一希 ジャパンジャーナル社長、都市出版相談役 2004年7月
04-3 憲法問題を解く
報告書
葛西敬之 東海旅客鉄道会長 御厨 貴 東京大学教授 2004年7月
98-6 文明の対立と融合 鈴木治雄 昭和電工名誉会長 (コーディネーター)
松田義幸
実践女子大学教授 1999年3月
95-4 民族問題を考える 石井米雄 上智大学アジア文化研究所教授 1995年11月
94-6 世論形成とマスメディアの役割 粕谷一希 都市出版社長 1994年10月
94-5 男女共同参画型社会と企業 牛尾治朗 ウシオ電機会長 鹿嶋 敬 日本経済新聞社婦人家庭部長 1994年10月
94-4 世界と日本の人口問題-経済発展と環境との調和を求めて- 伊藤助成 日本生命保険社長 島田晴雄 慶應義塾大学教授 1994年9月
(副主査)
清家 篤
慶應義塾大学教授
94-3 国連改革と日本 諸井 虔 秩父セメント会長 1994年8月
92-2 世界のグランド・デザインを考える-人類のより良き生存の途を求めて- 諸井 虔 秩父セメント会長 神谷不二 慶応義塾大学名誉教授 1992年4月
91-5 国際機構の現状と問題点 諸井 虔 秩父セメント会長 神谷不二 慶応義塾大学名誉教授 1992年4月
(副主査)
田中俊郎
慶應義塾大学教授
90-3 日本の民主政治のあり方 鈴木治雄 昭和電工名誉会長 佐藤誠三郎 東京大学教授 1990年11月
(副主査)
松崎哲久
現代政治分析センター代表
90-1 国際的枠組みの再構築-世界の新潮流と日本の役割- 伊部恭之助 住友銀行相談役最高顧問 細谷千博 国際大学大学院教授 1990年11月
(副主査)
黒田 眞
三菱商事常務取締役
89-2 活力ある社会における消費のあり方を求めて 松澤卓二 富士銀行相談役 福川伸次 産業研究所顧問 1990年3月
89-1 先進社会の新問題と産業文明の行方 平田敬一郎 総合開発研究会会長 天谷直弘 電通総研所長 1989年10月
(副主査)
山田勝久
川崎重工業常務取締役
(副主査)
石黒隆司
日本経済研究所理事長
87-4 国際化と文化摩擦 河野一之 太陽神戸銀行相談役 伊東俊太郎 東京大学教授 1987年12月
87-2 地方行政活性化への条件と戦略 西川正次郎 第一勧業銀行相談役 大川政三 一橋大学名誉教授 1987年9月
86-4 現代の保守主義について 永井陽之助 東京工業大学名誉教授 1987年3月
85-5 日米企業経営者・有識者に対する両国の相互理解に関するアンケート調査結果報告書 1985年12月
79-3 わが国安全保障に関する研究会報告 大島恵一 東京大学教授 1980年3月
78-6 紛争と社会変動 橋口 収 公正取引委員会委員長 1979年3月
77-6 厨芥類の飼料化 徳永久次 石油開発公団会長 1978年3月
77-2 先進国問題の帰趨と国際社会への反映 (研究代表者)
宮脇長定
日本経済調査協議会常務理事 1977年10月
76-8 自由主義の前進
 上巻(基本編) 下巻(実際編)
木川田一隆
(故)
東京電力相談役 木村健康
(故)
成蹊大学教授 1977年3月
74-7 住民運動と消費者運動-その現代における意義と問題点- 中山伊知郎 一橋大学名誉教授 両角良彦 通産省顧問 1975年3月
74-2 福祉とは何か-アノミー・インデックスを中心として- 桜田 武 日本経営者団体連盟会長 1974年8月

72-7
「現代先進社会の諸問題」調査団報告 (団長)
平田敬一郎
国土総合開発審議会会長 (副団長)
徳永久次
新日本製鐵専務取締役 1973年6月
72-6 国際シンポジウム「現代先進社会の諸問題」 1973年3月
72-4 国際広報活動の課題-コミュニケーション・ギャップを埋めるために- 岩佐凱実 富士銀行会長 嘉治元郎 東京大学教授 1973年3月
(注)
1. 72-6の概要は、東洋経済新報社より1973年2月に週刊東洋経済臨時増刊号(2月1日号)として公刊され、英文も発行された。
2. 72-7は、日本経済新聞社より1973年7月に「先進国問題の展望」として公刊された。
3. 77-2は、大蔵省印刷局より1977年9月に公刊された。
4. 94-6は、PHP研究所より1994年11月に「メディアの迷走」として公刊された。
5. 98-6は、㈱朝日ソノラマより1999年4月に「現代『文明』の研究―普遍的価値の絆を求めて」として公刊された。
get adobe reader PDFをご覧いただくためには、PDF閲覧用ソフトAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます。
Copyright(c) 2014 Japan Economic Research Institute. All Rights Reserved.