Ⅲ.金融・財政・税制(35冊)

1. 国内金融・財政・税制(23冊)
番号 調査報告書名 委員長名 所属 主査名 所属 発行年月
07-3 貯蓄率の低下、ISバランスの変化と日本経済-資金の効率運用と金融サービス業の国際競争力-
報告書
山本惠朗 みずほフィナンシャルグループ名誉顧問 吉野直行 慶應義塾大学教授 2007年11月
04-6 財政破綻の克服へ向けて
報告書
浜田  広 リコー最高顧問 深尾光洋 慶應義塾大学教授 2005年1月
03-1 有効に機能する財政を築くために
報告書
奈良久彌 三菱総合研究所相談役 神野直彦 東京大学大学院教授 2003年4月
96-2 公的金融システムのあり方 松澤卓二 富士銀行相談役

(コーディネーター)
池尾和人

慶應義塾大学教授 1997年3月
91-1 金融経済と実物経済-1980年代の評価と90年代への課題- 黒澤 洋 日本興業銀行頭取 赤羽隆夫 経済企画庁顧問 1991年5月

85-4
国債の累増と日本経済 赤司俊雄 三和銀行相談役 呉文二 立正大学教授 1985年11月
(副主査)
原田和明
三和銀行取締役調査部長
81-3 インフレ抑制と金利の役割 森永貞一郎 日本銀行総裁 中川幸次 野村総合研究所副社長 1981年8月
78-5 これからの税制と租税負担のあり方 河野一之 太陽神戸銀行相談役 石 弘光 一橋大学教授 1979年1月
78-3 “デノミ”について 近藤道生 博報堂社長 林 大造 日本輸出入銀行海外投資研究所長 1978年12月
78-1 国債の大量発行と金利の自由化 堀越禎三 日本ウジミナス社会長 篠原三代平 成蹊大学教授 1978年11月
77-4 財政危機克服のために-納税者の立場から- 岩佐凱実 富士銀行相談役 大熊一郎 慶應義塾大学教授 1978年2月
76-2 安定成長下における財政のあり方 1976年5月
70-5 70年代の企業資金調達-資本構成のあり方と改善方向について- 金子佐一郎 十条製紙会長 番場嘉一郎 一橋大学教授 1971年2月
同補論 (副委員長)
西野嘉一郎
芝浦製作所社長
70-2 金融機構の再編整備 政策金融今後の課題-政府系金融機関の役割- 岩佐凱実 富士銀行頭取 鈴木武雄 武蔵大学教授 1970年8月
69-4 金融機構の再編整備-提言「農業金融再編の方向」- 岩佐凱実 富士銀行頭取 鈴木武雄 武蔵大学教授 1970年1月
69-3 金融機構の再編整備-農業金融分科会報告- 岩佐凱実 富士銀行頭取 川野重任 東京大学東洋文明研究所教授 1970年1月
68-1 金融機構の再編整備(中間報告) 岩佐凱実 富士銀行頭取 鈴木武雄 武蔵大学教授 1968年7月
66-7 国債発行下の金融政策 岩佐凱実 富士銀行頭取 舘 龍一郎 東京大学教授 1966年12月
特別 今後の財政政策のあり方 鈴木武雄 武蔵大学教授 1966年10月

65-8
開放経済下の金融政策 岩佐凱実 富士銀行頭取 鈴木武雄 武蔵大学教授 1965年3月
64-7 公債発行の問題点 岩佐凱実 富士銀行頭取 鈴木武雄 武蔵大学教授 1964年2月

64-4
開放経済下の為替・貿易金融 岩佐凱実 富士銀行頭取 鈴木武雄 武蔵大学教授 1964年10月

64-1
公社債流通市場の形成について 岩佐凱実 富士銀行頭取 鈴木武雄 武蔵大学教授 1964年3月
(注)
1. 64-4は、至誠堂より1965年1月に「日本の為替・貿易金融」として公刊された。
2. 68-1は、銀行通信社より1968年10月に公刊された。
3. 69-3は、銀行通信社より1970年8月に「農業金融機構の再編成」として公刊された。
4. 70-2は、銀行通信社より1971年4月に「政府系金融機関の再編成」として公刊された。
5. 70-5は、銀行通信社より1972年2月に公刊された。
6. 81-3は、銀行通信社より1982年3月に公刊された。
7. 85-4は、東洋経済新報社より1985年12月に公刊された。

 

2. 国際金融(12冊)

番号 調査報告書名 委員長名 所属 主査名 所属 発行年月
09-2 政府系ファンド(SWF)の役割と政策的インプリケーション
報告書
吉國眞一 みずほ証券シニアアドバイザー 武田真彦 一橋大学国際・公共政策大学院教授 2009年10月
98-5 アジアの経済・通貨危機と日本の役割 太田 赳 大和総合研究所理事長 伊藤隆敏 一橋大学経済研究所教授 1999年3月
98-4 EUの通貨統合の展望とその影響 青木 昭 日本証券金融会長 島野卓爾 学習院大学教授 1998年11月
92-4 国際通貨体制の再考察-変動相場制と複数基軸通貨制- 井上 實 東京銀行相談役 篠原三代平 東京国際大学教授 1992年12月
87-1 最近の国際通貨・貿易問題とわが国の対応 井上 實 東京銀行頭取 篠原三代平 アジア経済研究所会長 1987年7月
(副主査)
真野輝彦
東京銀行常任参与
83-2 変動相場制の評価と展望 鈴木秀雄 野村證券顧問 鳴沢宏英 東京銀行常任参与 1983年11月
80-3 1980年代における円の国際的地位 横山宗一 東京銀行会長 武貞岩夫 東京銀行監査役 1981年2月
75-2 対外取引における円の活用-東京市場の現状と展望- 原 純夫 東京銀行会長 竹内一郎 東京銀行参与 1975年8月
73-1 国際通貨新秩序と円 永野重雄 新日本製鐵名誉会長 神野正雄 BIAC日本委員会副会長 1973年7月
(副委員長)
中山素平
日本興業銀行相談役 (副主査)
竹内一郎
東京銀行参与
70-1 国際通貨および国際金融問題-国際間の資本移動を中心として- 佐藤喜一郎 三井銀行相談役 芦矢栄之助 成蹊大学教授 1970年7月
67-3 円の国際的地位 佐藤喜一郎 三井銀行会長 小島 明 一橋大学教授 1967年5月

65-7
わが国の貿易外収支-その分析と対策- 三木邦男 東京銀行常務取締役 1965年11月
(注)
1. 64-2は、経済往来社より1964年10月に公刊された。
2. 70-1は、銀行通信社より1971年9月に公刊された。
3. 67-3および75-2は、銀行通信社より1976年5月に「円の国際化」として公刊された。
4. 80-3は、銀行通信社より1981年7月に公刊された。

 

 

get adobe reader PDFをご覧いただくためには、PDF閲覧用ソフトAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます。
Copyright(c) 2014 Japan Economic Research Institute. All Rights Reserved.