葛西委員会 報告書発表

2014年3月28日

日本の再設計を先導するリーダーの育成


  本日、当会専門委員会である「葛西委員会」は、『日本の再設計を先導するリーダーの育成』と題する報告書を発表した。リーダーシップを巡っては様々な見方、考え方がある中で、いま国家・日本経済の変革を先導していけるリーダーとはどのような資質を身に付けた者か、そして良いリーダーをこれから如何に育成すべきか、異なる立場・多角的な視点から忌憚なく議論してきた成果を踏まえ、最終的な提言として取り纏めたものである。

 

本論全文
講師講演録

 

〔葛西委員会メンバー〕

委員長
 葛西 敬之 東海旅客鉄道株式会社代表取締役会長

主 査
 矢作 恒雄 作新学院大学副学長・大学院経営学研究科長、慶應義塾大学名誉教授

委 員(五十音順)
 梅津 光弘 慶應義塾大学商学部准教授
 大塚 宣夫 医療法人社団慶成会会長
 グレン・S・フクシマ 米国先端政策研究所上級研究員
 小島 順彦 三菱商事株式会社取締役会長
 ジョージ・オルコット 前東京大学先端科学技術研究センター特任教授
 杉山 武彦 成城大学社会イノベーション学部教授
 永井 良三 自治医科大学学長
 永瀬 昭幸 株式会社ナガセ代表取締役社長
 山田 英雄 一般財団法人JP生きがい振興財団理事長

オブザーバー
 松田 義幸 尚美学園大学学長

 

〔報告書目次〕

はじめに
提 言
Ⅰ 日本のリーダーに関わる問題
 1 戦後高度成長期の成功体験の遺産
  (1)「平和」の中での調整役
  (2)日米安保条約を前提とした平和への安住と経済発展
  (3)「Me-too戦略」が最も効率的かつ効果的な戦略
  (4)目的は常に所与(国、産業、企業、個人 = 経済大国)
 2 国際社会で通用する人材の不足
  (1)日本人の考えてきた「国際化」の視野の狭さ
  (2)国際社会で通用するリーダーの欠如
  (3)構想力・システム構築力・戦略的思考力の欠如
  (4)日本の歴史・文化・教養教育の欠落
  (5)英語によるコミュニケーション能力の欠如
  (6)討論能力の欠如
  (7)農耕民族の長所の限界
 3 戦後の科学技術偏重教育の遺産
 4 世界に誇れる日本人の特性、日本の歴史・文化・伝統への自覚と自信の喪失
Ⅱ 提言の前提となる基本的概念
 1 「良いリーダー」とリーダーシップ
  (1)リーダーシップの定義
  (2)良いリーダーとリーダーシップの峻別
 2 リーダー論の変遷と本委員会の立場
 3 「良いリーダー」とは
  (1)普遍的資質・能力
  (2)状況対応の「リーダーシップスタイル」
Ⅲ わが国が今必要とする「良いリーダー」とは
 1 期待されるリーダーの役割
 2 期待される「良いリーダー」の資質・能力
  (1)資質・能力
  (2)「良いリーダー」が演ずべき機能 
  (3)持続可能な「良いリーダー」の条件
Ⅳ わが国が今必要とする「良いリーダー」の輩出方法
 1 良いリーダー輩出機会の提供
 2 対象者
 3 教育の場
  (1)教育機関
  (2)家庭と職場
 4 教育の方法
  (1)自ら考え自ら解を見出させる場の提供
  (2)科学的根拠に基づく方式
Ⅴ おわりに


講師講演録(※役職名は講演当時)
1.変革期のリーダー
   東海旅客鉄道株式会社代表取締役会長 葛西敬之委員長
2.教育基本理念の検討
   尚美学園大学学長 松田義幸オブザーバー
3.日本の競争力とグローバル人材
   エアバス・ジャパン株式会社取締役会長 グレン・S・フクシマ委員
4.リーダー育成 研究レビューと提言
   慶応義塾大学名誉教授 矢作恒雄主査
5.日本の創造に向けたグローバル人材育成~ビジネスの現場から見たグローバル人材(講演骨子)
   三菱商事株式会社取締役会長 小島順彦委員
6.リーダーの育成
   株式会社ナガセ代表取締役社長 永瀬昭幸委員
7.リーダー育成のための教育再生
   財団法人ジェイ・ピー・ファミリー生きがい振興財団理事長 山田英雄委員
8.日本の大学のグローバル化:ヨーロッパから学ぶべきことはあるか?
   東京大学先端科学技術研究センター特任教授 ジョージ・オルコット委員
9.CSRと新たなリーダーシップ教育:国連PRMEと新しい経営教育の方向性
   慶応義塾大学商学部准教授 梅津光弘委員
10.医学と科学におけるリーダー養成
   自治医科大学学長 永井良三委員
11.リーダーの育成と大学改革
   成城大学社会イノベーション学部教授 杉山武彦委員
12.私の考えるリーダー育成論
   医療法人社団慶成会会長 大塚宣夫委員


【連絡先】 一般社団法人日本経済調査協議会
      TEL:03-3442-9400 FAX:03-3442-9403
      e-mail:調査部

get adobe reader PDFをご覧いただくためには、PDF閲覧用ソフトAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます。
Copyright(c) 2014 Japan Economic Research Institute. All Rights Reserved.