年金リテラシー研究会シンポジウム「若者に伝えるべき公的年金制度の原理―彼らの将来の生活の視点から―」

一般社団法人日本経済調査協議会シンポジウム
後援:厚生労働省

若者に伝えるべき公的年金制度の原理―彼らの将来の生活の視点から―

 シンポジウム開催日:2015年10月26日(於 サントリーホール ブルーローズ)

nenkinsympo_top

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●ご挨拶

 主催者挨拶    日本経済調査協議会

●基調講演

 「年金報道の変遷 ― 一線記者による回顧 ―」

  太田 啓之 朝日新聞東京本社GLOBE編集部 記者

「公的年金の原理 ―『長生きリスク保険』と世代間扶養 ―」

  玉木 伸介 大妻女子大学短期大学部 教授、年金リテラシー研究会 主査

●パネルディスカッション

 「若者の目に映る年金制度 ― いかに若者に語りかけるか ―」

モデレーター: 玉木 伸介   大妻女子大学短期大学部 教授、年金リテラシー研究会 主査

 パネリスト: 髙橋  亘 大阪経済大学経済学部 教授

        出口 治明 ライフネット生命保険 会長兼CEO

                    中村 洋一 法政大学理工学部 教授

●公民科教員による「年金」模擬授業

 「高校生のみんなへ!― 今考えて欲しい『長生きリスク』とセーフティーネット,そして『支え合う社会』を ―」
   梶ヶ谷 穣 昭和音楽大学・短期大学部 講師、元神奈川県立海老名高等学校 教諭

質疑応答

 

  ■資料 

 ・プログラム

 ・講演者・パネリスト略歴

 ・基調講演 太田氏 玉木氏

 ・パネルディスカッション

 ・模擬授業 配布資料 投影資料

get adobe reader PDFをご覧いただくためには、PDF閲覧用ソフトAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます。
Copyright(c) 2015 Japan Economic Research Institute. All Rights Reserved.