大星委員会 提言発表

2003年3月13日

翔け!日本の医療産業
~求められるシステム改革~

 

本日、当会の調査専門委員会である「大星委員会」は、『翔け!日本の医療産業~求められるシステム改革~』と題する政策提言を発表した。

 

報告書全文

 

【大星委員会メンバー】
  委員長:大星 公二 ㈱NTTドコモ相談役
  主 査:川渕 孝一 東京医科歯科大学教授
  委 員:医療機関、医療産業、学界、マスコミの有識者20名にて構成

 

【報告書内容】

 Ⅰ.基本認識
  1.求められる工程表
  2.競争政策からみた医療分野
  3.国民医療の実現に向けた2つの視点
  4.雇用創出効果の高い医療産業

 Ⅱ.提言
  1.情報ギャップを埋める努力
  2.モラルハザードの阻止
  3.家内産業から基幹産業へ

 Ⅲ.工程表
  1.財源(Financing)
  2.提供体制(Delivery)
  3.支払方式(Payment)
  おわりに

 各  論 
  第1 章 病院改革 ~ニューフロンティアを求めて~  神野 正博 氏
  第2 章 診療所改革 -「参加する医療」を支えるパートナー-  大石佳能子 氏
  第3 章 保険者改革 渡部 博光 氏
  第4 章 患者の意識改革 谷田 一久 氏
  特別寄稿(2002 年1 月24 日講演) 八代 尚宏 氏「医療産業の発展と株式会社による医療経営」

 

 【連絡先】社団法人日本経済調査協議会
        TEL:03-3442-9400 FAX:03-3442-9403
        e-mail:調査部

 

get adobe reader PDFをご覧いただくためには、PDF閲覧用ソフトAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます。
Copyright(c) 2014 Japan Economic Research Institute. All Rights Reserved.